心の成長と受験

中学受験に挑戦させることで、娘により高度な勉強をさせたり、より充実した学校生活を送ってもらいたいという方は多いと思いますが、中学受験は何かとトラブルが起こりやすく、多くの家族が悩みを抱えています。特に女の子の場合は、ちょうど小学校5.6年生のころに反抗期に入ることも多く、受験勉強に取り組んでくれなかったりと、予想外の事態もよく起きるといいます。

中学受験を行う時期、女の子は肉体的にも精神的にもどんどん成長していきます。今まで親の言うことには素直に応じていたのが、少しずつ自分の意見を持つようになり、納得行かないことには噛み付くようになったりと、今までのような付き合い方が出来なくなることが多々あります。心の成長と受験のタイミングが合わさる時期だからこそ、子どもとしっかり話し合う時期を設けるようにしましょう。

中学受験の最中は、様々な出来事が人格の構築に大きく影響するといわれています。親子同士できちんと意見を言い合い、お互いを尊重して行動できれば、これ以上無く理想的な状態で受験を受けることができるでしょうが、受験勉強中の環境が影響して、成績が低い人を露骨に見下すなど、人格に問題があるといわざるを得ない状態になるケースもあるので、受験勉強中は子どもの様子をしっかり確認しておきましょう。