受験ノイローゼに注意

中学受験の最中は何かと気を使うことが多く、精神的にも余裕が無くなりがちです。親もそうなら子どもも受験中は過度なストレスに晒されることが多く、それが原因で受験ノイローゼに陥ることがあるといいます。家族総出で育児ノイローゼになっては目も当てられないので、家族の精神状態を安定させるために、どうすれば良いのか前もって考えておきましょう。

受験ノイローゼになると感情のコントロールが困難になっていきます。些細なことで感情が爆発するようになり、周りに当り散らしたり、食欲が無くなり、眠ろうとしても眠れなくなったり、マイナス思考がいつまでも続いたりと、様々な症状が現れます。自分が発症したなら、まだ自覚症状がある分分かりやすいですが、子どもがノイローゼになっていると、そのことに気付けないこともあるので、子どもの様子がおかしいと感じたときは、一度話をしてみましょう。

受験ノイローゼにならないためには、心を休ませる機会を用意するようにしましょう。受験勉強の疲れが溜まっているようなら、一度全く勉強せずに、のんびり家族で過ごす時間を作るなど、ストレスの基を遠ざけましょう。また、早いうちから受験勉強を始めるようにして、一日の勉強量をその分減らして、ストレスの蓄積を抑えるという予防法もあります。