子どもの意思を聞く

中学受験を成功させるためには、子どもが勉強に対してモチベーションをきちんと持ってもらうことが大切です。特に女の子の場合は、受験勉強を本格的に始める時期に反抗期に入ることも多く、子どもが納得できない形で受験勉強をさせても、しっかり勉強してくれないことが多々あります。そうした事態を防ぎつつ、子どもが満足出きる中学校生活を送るためにも、志望校を決定する段階で、子どもの意思をきちんと聞いておきましょう。

中学受験に挑戦するには、まず志望校を決めて目標値を設定する必要がありますが、志望校の選択が、親の意見のみを尊重した状態になっている事が大変多いです。子どもにしてみれば、自分の意思が関係ないことが許せないでしょうし、お互いが納得できるよう、子どもの意見もきちんと聞いてみましょう。もし意見が違ったら、お互いに話し合って、納得行く妥協案を話し合ってください。

中学受験の志望先の選択は、高校や大学よりもまだ重要度は低いですが、それでも自分で選んだ学校を目指すという状況は、勉強のモチベーションを高め、自分の将来の可能性をより大きく広げてくれるはずです。家族一丸となって受験勉強に取り組むためにも、受験先の決定はなるべく早いうちから話し合いを始めて、遅くても小学校5年生辺りには勉強を始められるようにしましょう。