点数にこだわらない

中学受験に合格するためには、志望校が定めた合格圏内の偏差値をキープできるようにしたほうが、合格できる可能性が高まります。そのため模試の結果から出される偏差値を異常に気にしてしまうという方も多く、偏差値が少しでも下がると、叱責するなどの行為に及ぶ家族も中にはいるといいます。実際には、模試の点数はそれほど重要な要素ではないので、点数にはそれほどこだわらないようにしましょう。

学習塾や家庭教師が実施する模試は、全国の試験結果などを元にして、偏差値をチェックすることが出来るのですが、この時の不正解だった問題をマスターすれば、新しい模試の点数も上がり、合格圏内に一歩近づくことが出来るはずです。苦手な問題を知るために利用すると考えれば、模試の点数はそれほど重要なものではないでしょう。

模試を受ける際に気をつけてもらいたいことは、模試はあくまで試験本番までの課程の一つであるということです。たとえ課程に問題があったとしても、結果で最高の成果を上げ、合格することが出来れば全く問題は無いので、偏差値が1,2点変動しても、子どもを叱るようなことはしないでください。怒る暇があるなら、間違った点を見直して点数を取れるようにしたり、正解した箇所について確認するなど、時間を次回のために有効活用しましょう。