ブランド志向を捨てる

中学受験にまつわるトラブルが発生したケースは非常に多く、子どもが受験勉強に取り組まなくなったり、母親が受験ノイローゼになったりと、受験勉強をしている子どもはもちろん、親までトラブルを起こしています。こうした母と子どものトラブルに多いのが、受験に対する考え方の相違で、娘が受験したい学校を母親が選んでくれないなどの行き違いが、後々の大きなトラブルに発展することが非常に多いといいます。

子どもの意見を尊重せずに、自分が希望する学校だけを応募させようとする母親は少なくありません。子どもの将来を願って、より将来の選択肢が広がるだろうと考えを持っている方もいるでしょうが、中には他の学校だと周りから馬鹿に見られるなど、学校をブランドのような見方で選んでいる方も見られます。そうした考えを持って学校を選んでも、子どもが学校の適正に合うとは限らないので、学校を選ぶ際は、ブランド志向を捨てることから始めましょう。

志望校の選択は、子どもの中学校生活がよくなるかどうかに深くかかわります。適正が合わない学校に無理やり通わせても、中学校生活が楽しいものになるとは限りませんし、小学校6年にもなれば、女の子なら自分の考えを持つようになってくるので、自分の意見を押し通すよりも、子どもの意見も尊重して、お互いが納得できる志望先を探しましょう。