失敗した時のケア

あまり考えたくないことではありますが、中学受験を受けた子の中には、第一志望に合格できなかったり、受験した学校全てに落ちてしまった子もいます。当然そのことはショックでしょうし、中には人生が全て終わったくらいに落ち込んでしまうケースや、燃え尽き症候群のような状態になってしまうこともあるといいます。そうした事態に陥った時、家族はどのようにケアをすれば良いのでしょうか。

中学受験の失敗が大きなショックに繋がるかどうかは、子どもが置かれた環境も少なからず影響します。例えば親がレベルの低い学校をバカにしたり、塾などで成績の悪い子が笑い物になったりと、受験に失敗した時にひどいことになるというイメージがついてしまうと、不合格になった時のショックはより大きな物になります。こうしたプレッシャーが実力の妨げになることも多いので、決して悲観的になり過ぎないように、家族が前もって話しておくことも大切です。

受験に失敗した時のケアは、母親のほうが必要なときもあるといいます。特に学歴になどに対して強く執着している母親に起きやすく、不合格になったことで子どもにまともな応対が出来なくなるなど、精神的に相当追い詰められることもあります。もし自分がこうなりそうという自覚があるなら、早いうちにカウンセリングなどを受けることをオススメします。