兄・姉がいる場合

中学受験を受ける子どもは、色々な家庭環境に置かれています。中には既に兄や姉が中学受験を経験していることもあり、母親も過去の経験を元に受験勉強をさせることが多いです。実際過去の経験があったほうが対処できることは多くありますが、弟や妹はまったく別の人間であることを忘れずに、勉強に対するモチベーションを保つよう配慮する必要があります。

兄や姉の中学受験の経験がある方は、兄弟姉妹間の比較は行わないようにしましょう。どちらのほうが優秀だったという発言は、子どもにとっては何の益も無い失言です。劣っているといわれた側は勉強などのモチベーションを大きく失うでしょうし、優秀と言われた側は増長する可能性が高くなり、どちらの子も親が想定していなかった結果を引き起こしかねません。

兄や姉の経験があり、それが上手くいったとしても、弟や妹に対してそれが成功するとは限りません。あくまで過去の経験は参考程度に覚えておき、目の前にいる子が何を考えて、どんな学校に通いたいのかをしっかり確認するようにしましょう。それぞれが違う考えを持つことを常に意識しておかないと、ついつい以前の考えを参考にして、最終的に何かのトラブルを引き起こしてしまうこともありえます。