受験先は一緒に選ぶ

受験勉強を始めるにあたり、受験先の選択は非常に大切です。目標を予め決めておかないと、勉強の目標が生まれずに、モチベーションも下がりやすくなるので、受験先の目安は早い段階から決めておいたほうが無難です。最終的な受験先の決定は、親が勝手に決めるのではなく、必ず子どもの意見を聞き、一緒に選ぶようにしたほうが、志望先が決まった後の勉強の力の入り具合が変わってきます。

試験勉強のモチベーションが下がりやすい子の中には、そもそもその学校に通いたくないという考えを持っている子も少なくありません。特に本格的に受験勉強を始める時期の、小学5,6年生の女の子は、少しずつ自立心が芽生え始める時期とかぶるので、このころには自分なりに受験したいと思える学校が見つかったり、自分の目標に近づける学校に進学したいと思うようになることが多いといいます。

受験先の選択については、親と子どもで意見が分かれる機会も珍しくありません。そうなった時に無理やり自分の意見を通せば、家族間の溝は非常に大きなものになってしまうので、これから先の家族との繋がりを薄れさせないためにも、受験先の最終決定については、一度じっくり家族で話し合うようにしましょう。