子どもへの説明の仕方

中学受験の準備は、早ければ早いほど後々焦らずに済みます。早い方には子どもが小学校に通う前から進学させたい学校を探して、本格的な受験勉強を始める前に、基礎的な学力を高めるための勉強を始めたりと、合格率が上がるような準備を進める方もいます。とはいえ子どもを受験させるためには、子どもが学校に通いたいかという意思が重要になってくるので、前もって子どもが受験に積極的になってもらえるように、受験について説明しておく方も少なくありません。

子どもに対して行う中学受験の説明は、なるべく自分の考えを色濃くせずに、自分で判断できる機会を与えるようにしましょう。小さいうちは自分の考えに容易に誘導することが出来ますが、それだと説明の意味も無くなるので、自主性を重んじるためにも、自分の意見は直接は出さないようにしましょう。説明には時間を掛けて行い、自分の意見を持てるだけの材料を用意しましょう。

中学受験に関する説明は多くの家庭で行っていますが、中には非常に偏った考えを伝える方もおり、受験に失敗した時はとにかく不幸になどの意見を、まだ正しい情報の判別が付かない子どものうちから伝えることもあります。そうすることで、自分の意見に従いやすくすることが出来ますが、そうした偏った意見が健全であるかどうか、一度良く考えてみてください。