学校の適正チェック

中学受験を我が子に受けさせるためには、まず子どもに合った志望校を選ぶ必要があります。受験を行っている中学校はそれこそ数え切れないほどありますが、子どもにあった学校を選ぶことができれば、合格した後の中学校生活は、非常に楽しいものになってくれるでしょう。但し、学校によっては子どもの性格などの適正もあるので、自分が希望する学校が適正に合わないこともあるかもしれません。

学校の適正については、実際に学校側の教師と話をしてみたり、学習塾や家庭教師の意見も参考にしてみましょう。実際に学校の教師などと話をしたり、学校の様子を見学したりすると、ある程度その学校が自分の子どもに合うかわかってくるはずです。また実際に子どもをその学校に通わせている家族が学校や塾にいたときも、なるべく詳しい学校の様子を教えてもらってみましょう。

学校の適正は子どもの意見も重要です。小学校5,6年生になると、子どもも自分の意見を積極的に出すようになるので、見学などには子どもと一緒に参加してみましょう。学費などの兼ね合いもあるので、候補はある程度絞りこんでおいて、その中から子どもが通いたいと思える学校に応募すれば、お互いの意見を満たした、理想的な志望先を設定することができます。