過度な追い込みは厳禁

公立の中学校では学べない多くのことを学ばせたり、子どもの性格に合わせた学校生活を送らせたい時は、試験制度を取り入れている私立や国立の学校に通わせるのが一番です。そのためには学力試験などを通過する必要がありますが、受験勉強の追い込み時期とも言われる小学校6年ごろは、子どもはもちろん、自分自身の精神状態にも気を配る必要があります。

中学受験に合格するためには、数年間は受験対策の勉強を続け、試験本番までのプレッシャーに耐えなければなりません。追い込み時期になれば、今まで努力していたとしても焦りが生まれがちで、意識せずに子どもを必要以上に追い込んでしまうことがあります。子どももプレッシャーを感じていることが多いのに加え、親が余計にプレッシャーを掛ける事で、ひどい場合は受験ノイローゼに陥ることもあるので、受験が近づいたときのために、精神を落ち着ける方法を何か考えておきましょう。

中学受験は確かに将来を決める上で重要な要素かも知れませんが、仮に受験に失敗したとしてもその後挽回できる機会は十分残されていますし、受験に失敗した後成功を抑えた人もたくさんいます。決して中学受験一つで人生が決まるわけではないので、親子共々緊張しすぎないように、普段どおりの生活を送れるように気持ちを落ち着かせましょう。