健康と受験

中学受験を受ける年齢は当然11歳か12歳ですが、このころの身体は常に成長を続けており、十分な栄養素を補給し、多くの睡眠を取ることで健康な身体を作る事ができます。中学受験には関係内容にも見えますが、身体の成長は脳の成長にも繋がっており、日中の勉強で多くの情報を集めた脳に、より深くその時の記憶を記憶させることが出来るので、より多くの知識を身につけるためにも、受験勉強の合間は健康的な生活を心がけましょう。

受験勉強は塾の講師や家庭教師もサポートすることが出来ますが、日頃の健康状態については家族でサポートしなければなりません。毎日の食事は、きちんと栄養バランスの取れたメニューを考えて、塾に通う際もお弁当などを持たせたほうが健康には良いでしょう。睡眠時間は勉強時間を延ばす分短くなることが多いですが、子どもの睡眠時間は8時間以上は必要といわれているので、なるべく夜更かししないように寝かしつけるようにしましょう。

受験勉強を優先するために、生活リズムを大きく変える家庭も多いですが、学力を優先するか、健康を優先するかどうかの判断は、どちらが正しいとはっきりとは言えません。子どもの生活をどういったものにするかどうかは、本格的に受験勉強を始める時期になる前に、一度良く考えてみてください。