費用の捻出

中学受験を受けるためには、様々な場面で費用を支払う必要があります。受験を受けるためには受験料を支払わなければなりませんし、入学した時は3年間の学費を捻出し、受験勉強のために学習塾や家庭教師を利用すれば、月謝も必要となります。これらを全て合わせたときの金額は、公立の中学校に通わせるよりも遥かに高額になるので、中学受験の成功以前の問題として、受験のための費用を捻出しなければなりません。

中学受験に必要な費用は、受験する学校や利用する学習塾などの違いで変動しますが、小学4年生から受験直前まで学習塾に通った場合は、およそ254万円は掛かるといわれています。ある程度収入に余裕があっても、総額でこれだけの費用が動くとなると、それだけの費用を無駄にしないためにも、良い学校などの情報も十分調べておきたいものです。

中学受験を受ける方には色々な方がいますが、シングルマザーのような、少し特殊なタイプの家庭の場合は、学校によって支援制度を受けられることもあります。受験料の引き下げや奨学金制度など、支援内容は異なるので、詳しい情報を知りたい方は学校の公式サイトなどを参考にしてみましょう。

学校以外でも、自治体でもそうした支援制度があるので、支援制度が使えそうな方は、そちらも確認しておいてください。